紙袋の種類と重要性とは

subpage01

紙袋は普段当たり前のように使われている物ですが実はその種類は多種多様であり、いずれもリーズナブルな価格でなおかつ軽いという特徴を持っています。

広く使われている白色のベーシックな紙袋は晒しクラフト紙という素材で出来ています。
どんな品物とも馴染む質感が魅力でデパートなどでもよく使用されています。

晒しクラフト紙とよく似た形状で茶色い色をした物を未晒しクラフトと呼んでいます。素材そのものの質感が生かされているのが特徴で、駄菓子さんやパン屋さんなどでよく使われています。

紙袋がオススメです。

低コストで抑えられることも大きな魅力ですが、その安さを感じさせない温かみがあります。

T-SITEの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

マット調で落ち着いたつや消しのデザインが特徴の紙袋はマットタイプと呼ばれます。


高い強度を持っており、多少の重い物なら入れることが出来ます。


また、デザインのしやすさも魅力で、お店の個性を出すことが出来ます。
一方で逆に艶を出したラミネートタイプの紙袋もあります。

ラミネートはパッと見ただけで分かる高級感が特徴となっており、上質紙が使用されています。
ファッションブランドやアパレル業界ではその質感が好まれることが多いです。紙袋はその購入者が家に帰るまでの間は基本的に手で持っているので、大きな宣伝効果を生み出します。


素敵な袋を使用していれば、それだけでそのお店に行ってみたくなる方もいます。



袋は単なる入れ物という扱いに留まらず、お店の売り上げを大きく変える可能性を持っています。